スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビットコイン


ビットコインとは、

仮想通貨の一種である。

独自のアルゴリズムによって、

もとは一般のPC上でのCPUやGPUなどを使って、
簡単に言うと、作業の報酬として、支払われていた通貨

ドルと交換できるようになり、

一般的な相場ができあがった。。。

一時は1ビットコインあたりの価格が、金1トロイオンス以上になったこともあり


ビットコインバブルとなった

スポンサーサイト

米長期金利(10年もの)

今回は、
米長期金利といわれる

アメリカの国債について、少なからずデータを提示して

解説していこうと思います☆


まず、
どこの国でも【国債】というものが発行されており、


これは、国が発行している、公債にあたるもの。


そして、言い方によっては、
また、見方によっては、

今回解説する10年ものの利回りに関して、中期国債と位置づけることもある
(30年ものなどがあるため)


ですが、あえて、今回は為替関係の用語等を扱っている分として
10年もの米国債を長期として記載します。


まず、良く米長期金利が上昇。
という言い方をするときは、まず10年ものが見られることが多いので


今回は10年ものの米長期金利について、記述します。


アメリカの国債(米国債)は

アメリカの経済的信用を背景に、流動性が高い特徴があります。

これは、基本的に、デフォルトの可能性が極端に低い
(100%というのは、私は自然現象で起こりえない事象と思っているので、
あくまで絶対という記述はしません)

ことがあげられます。


金利の上昇、下落と価格については、また別途記述したいと思います


では、現在の金利状態はどういった状態なのか?

についてですが、

2000年~2013年、8月までのチャートを見てみましょう。

米長期金利

現時点で、2000年~見てもまだまだ低金利な状態


それはそのはず、現在は、依然としてアメリカは金融緩和を実行している
最中なので、国債の利回りは低いのは当然です。


しかし、今後、金融緩和の縮小が行われていけば、
米国債金利も上昇をしていくのは、ある意味必然ですね。


ここ最近、結構米長期金利が上昇しているな~
と思っていても、歴史的な金融問題を挟んでいるとはいえ

まだまだ低水準であることが、確認できるはずです




こういった本も出ているので、参考までに☆



テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

法人税

法人の所得金額などを課税標準として課される税金である。

国税で、直接税、広義の所得税の一種として扱われる。

日本の法人税は主に法人税法(昭和40年法律第34号)に規定されているが、

租税特別措置法や震災特例法などの特別法によって、修正を受ける。

なお、法人の所得にかかる税には、地方税分である法人事業税、法人道府県民税や、地方法人特別税などがあり、これらの税の影響を受け、法人には税率が課される。(法定実効税率)

2013年現時点での法人税率は
法定実効税率35.64%。となっている。

(復興特別法人税終了まえまでは、38.01%であった。


引け


引けとは、「寄り付き」の反対で、取引時間の終わりのこと

株価のことをいう場合は終値のことをあらわしたりもする。

また、立ち会いの最後に成立する取引のことも指す。

前場の最後の取引を前引け、後場の最後の取引を大引という。

      
プロフィール

節約・増資アドバイザー室井

Author:節約・増資アドバイザー室井
バイナリ―オプション、FX、株式などの取引を扱った口座のなかでもお勧めの口座を紹介したサイトです。
初心者の方は、口座で悩まれる方も多いと思いますので、参考にしてみてください。

なお、メインで更新しているブログは
節約・増資アドバイザー室井の投資実績ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。