スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米長期金利(10年もの)

今回は、
米長期金利といわれる

アメリカの国債について、少なからずデータを提示して

解説していこうと思います☆


まず、
どこの国でも【国債】というものが発行されており、


これは、国が発行している、公債にあたるもの。


そして、言い方によっては、
また、見方によっては、

今回解説する10年ものの利回りに関して、中期国債と位置づけることもある
(30年ものなどがあるため)


ですが、あえて、今回は為替関係の用語等を扱っている分として
10年もの米国債を長期として記載します。


まず、良く米長期金利が上昇。
という言い方をするときは、まず10年ものが見られることが多いので


今回は10年ものの米長期金利について、記述します。


アメリカの国債(米国債)は

アメリカの経済的信用を背景に、流動性が高い特徴があります。

これは、基本的に、デフォルトの可能性が極端に低い
(100%というのは、私は自然現象で起こりえない事象と思っているので、
あくまで絶対という記述はしません)

ことがあげられます。


金利の上昇、下落と価格については、また別途記述したいと思います


では、現在の金利状態はどういった状態なのか?

についてですが、

2000年~2013年、8月までのチャートを見てみましょう。

米長期金利

現時点で、2000年~見てもまだまだ低金利な状態


それはそのはず、現在は、依然としてアメリカは金融緩和を実行している
最中なので、国債の利回りは低いのは当然です。


しかし、今後、金融緩和の縮小が行われていけば、
米国債金利も上昇をしていくのは、ある意味必然ですね。


ここ最近、結構米長期金利が上昇しているな~
と思っていても、歴史的な金融問題を挟んでいるとはいえ

まだまだ低水準であることが、確認できるはずです




こういった本も出ているので、参考までに☆



スポンサーサイト

テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

新築住宅販売件数


おもに各国が、指標として発表する、

つきに一度、新築の住宅の販売する件数である。


指標の意味合いとしては、

景気変動に対する、先行性が非常に高いと言われている。


米新築住宅販売件数が、特に経済指標としては強く、
米の場合、

夏時間 日本時間の23時
冬時間 日本時間の24時

に発表される☆



24Optionバイナリーさんの口座開設を行ってみよう!

24optionバイナリー

BOの会社で知っておいてもらいたいのが、

「24optionバイナリー」です



どのようなサイトなのか??については、





ちょっとこの、高級感のあるサイトですが、
シンプルかつ見やすくできていて、
初心者の方でも使いやすくできています。



※取引画面の画像

このグラフ付きのかっこいい画像が、
取引画面になります。

コチラも、シンプルで、
ほとんどワンタッチで操作ができますので、
初心者の方でも安心ですよ。


また、初めてで何をやったらまったくわからず、
本物のお金で取引するのが怖いという方でも、
安心して、取引に入って行けるように、
無料webセミナーというものがあります。

まずは、こちらに参加して、
手慣らししてから実際の取引に、
挑戦していくのがいいでしょう。


24optionの詳細

・入金手数料 無料
・月一回のみ出金手数料無料

・リターン率 65%~88%
・取引金額は24ドル~5000ドル
・投資時間は1分から

・モバイル対応

・取扱い商品→株式指数、先物、20通貨、株式



テーマ : バイナリーオプション投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

エマージング市場


エマージング市場とは、

一般的に新興国市場のことをさす

初期、中期経済成長をしていくであろう市場である。


現段階で、エマージング市場といわれるのは

中南米、中東、東南アジア、インド、ロシアなどである。


今後の成長が期待できる市場なので、
高いパフォーマンスが投資家にとっては魅力である反面


治安が安定しない(政権等が安定しない)
や、インフレリスクなどが常に付きまとう不安定でもある市場





テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

マーチンゲールの法則


マーチンゲールの法則とは、

賭け事や、投資、投機事を行う際、

ベットしていく金額を倍⇒倍⇒倍としていく投資方法のことである。

外れれば倍にしていくことで、
払い戻しの額(ベット倍率が2倍以上に賭け続ければ絶対に負けない)

という話である。

基本的に、理論上はそうだとしても、

それを実際に行うことができるかどうかと言われると

非常にシビアであり、

机上の空論であることは、多くの人が確認していると思われる。。。


テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

東京株式市場


東京株式市場とは、

東京時間

9時~11時半
昼休みを挟んで、
12時半~15時まで

東京証券取引所以下複数の取引所で

日本の株式を売買できる時間帯、またはその場をさす。

アノマリー


経済的アノマリーについて記述する。

アノマリーとは
ある法則・理論からみて異常、または説明できない事象や個体等を指し、科学的常識、原則からは説明できない逸脱、偏差を起こした現象を含む。

ことである。


こういった事例が、経済界、相場界にも存在する。

都市伝説的なものから、

実際に、説明不可だが、傾向的にそうなる。。。
などの現象もある。



ジブリの日  ジブリが放送される日の米雇用統計の日は相場が荒れるなど
お盆の円高  お盆になると円高になりやすいなど
SELL IN MAY 5月は株が売られやすい。。

などなど

これらは、実をいうと、何かしらの背景があったりもするので
完全なるアノマリーとは言いがたいが、

一応の例として、記した。



法人税

法人の所得金額などを課税標準として課される税金である。

国税で、直接税、広義の所得税の一種として扱われる。

日本の法人税は主に法人税法(昭和40年法律第34号)に規定されているが、

租税特別措置法や震災特例法などの特別法によって、修正を受ける。

なお、法人の所得にかかる税には、地方税分である法人事業税、法人道府県民税や、地方法人特別税などがあり、これらの税の影響を受け、法人には税率が課される。(法定実効税率)

2013年現時点での法人税率は
法定実効税率35.64%。となっている。

(復興特別法人税終了まえまでは、38.01%であった。


引け


引けとは、「寄り付き」の反対で、取引時間の終わりのこと

株価のことをいう場合は終値のことをあらわしたりもする。

また、立ち会いの最後に成立する取引のことも指す。

前場の最後の取引を前引け、後場の最後の取引を大引という。

寄り付き


東京証券取引所の売買は午前9時から始まり、


最初の売買のことを「寄り付き」という。

その時の値段を「始値」と呼んでいる。

また、昼休みをはさんで開始される後場の最初の取引を「後場寄り」と呼ぶこともある。

日銀金融政策決定会合


日銀のHPより抜粋!

(金融政策決定会合とはなんですか?)に対しての回答☆



政策委員会は、独立性の確保と透明性の向上を基本理念とする新日本銀行法に基づき、金融政策運営を討議・決定する会合(金融政策決定会合)について、次のような運営をしています。

開催日

原則として毎月2回程度開催する。
なお、各月の初回会合は2日間にわたって開催する。

開催予定日の公表 予め6、12月に、先行き1年分の予定を公表する。


議事内容
(1)金融市場調節の方針、
(2)金融政策判断の基礎となる経済及び金融の情勢に関する基本的見解、
(3)基準割引率および基準貸付利率、
(4)準備預金制度の準備率等を議事事項とする。

決定内容の公表 会合終了後、直ちに、当該会合における決定内容を公表する(政策変更がない場合も、その旨公表する)。

「金融経済月報」の公表 月中の初回会合の当日に、金融経済情勢をとりまとめた「金融経済月報」の基本的見解を公表する。
背景説明を含む全文は翌営業日に公表する。

「経済・物価情勢の展望」(注)の公表 毎年4月および10月の2回目の会合で審議・決定のうえ公表する。


議事要旨・議事録の公表 議事要旨は、当該会合後概ね1か月程度を目処に次回または次々回の決定会合で承認のうえ、その3営業日後に公表する。


議事録は、政策委員会が適当と認めて定めた相当期間の経過後(各会合から10年を経過した後<平成10年10月16日政策委員会決定>)に公表する。

政府との関係 財務大臣および経済財政政策担当大臣(経済財政政策担当大臣が置かれていないときは、内閣総理大臣)、またはそれぞれの指名する職員は、議決権を有しないが、必要に応じ、会合に出席し、
(1)意見を述べること、
(2)議案を提出すること、
(3)次回会合まで議決を延期することを求めること、ができる(議決延期の求めがあった場合、政策委員会は、その求めについて採否を決定する)。


機械受注

機会受注ってなんだろう。。。

そう思った方も多いと思います。

よく、FXや株などの経済指標で、「機械受注」という言葉を目にしますが

これが、どう景気とかかわってくるのか。


いまいちピンと来ない人も多いのではないでしょうか。

この機械とは

企業が、設備投資として利用するための機械のことをさすわけです
「船舶、電力を除く民需」の受注額として、一般的に発表されます。
ということは、

この数字が良ければ、
多くの企業が、設備投資として、機械を注文している

と判断できるので、

景気は良くなっていっていると判断でき

逆に、悪くなっていっていれば、
そこまで改善していない。。。などの判断になるわけです。


特に現状ですと、

期待相場から、実際に企業がどれだけ、自社の設備に投資していっているのか??


という部分で、重要視されやすいので、

日)機械受注数も視野にいれて取引するのが賢明と思われます☆

日経平均株価


日経平均株価は

ダウ工業株30種と同様の、
株価平均型株価指数の日本版の様なものであるが

東証一部上場企業の約1700銘柄の中から

厳選された225銘柄で構成されている。

そのため、日経225と呼ばれたりもする。


この日経平均株価は、日本経済新聞社が、15秒ごとにその平均を算出し
提示しているものである。

日本の株式市場の全体の流れの基準としても投資家が見る指数の一つ

そのほか、日本の主要な指数としては「TOPIX」などがあげられる。

日経平均の推移

日経推移




ダウ平均株価


一般的にダウ平均と言われる場合

NY取引市場で取引される、ダウ工業株30種という
30種のそれぞれの分野の代表格の株の平均を表している。

アメリカの「ダウ・ジョーンズ社」がリアルタイムで平均値を出している
株価平均型株価指数である


入れ替わりも行われるため、
ダウ平均株価(工業)が作成されてから、
現在でも組み入れられている株は

ゼネラル・エレクトリック社
のみである。







駆け込み需要

駆け込み需要は

消費者にとって、好ましくない状態

例をあげると、
値上げ前のときや、販売終了前など。。。

に発生する、需要のことで、

増税の前などに起こる需要である。


大きく駆け込み需要が発生する場合としては、

消費するほぼ全てのものに増税がかされる
消費増税などの前には、顕著な駆け込み需要がみられる。


デフレーション

デフレーションとは
略して「デフレ」と呼ばれる現象であるが、

どういったものなのか

簡単に言うと

物価が継続的に、下落していくという現象
(通貨価値は上昇)


経済協力開発機構(OPEC)
による定義は
「一般物価水準の継続的下落」と定義されている。



日本は、約15年にわたり、先進国の中では珍しい
デフレに悩まされ続けてきた。

先進国では基本的にインフレの抑制に力をいれている

なので、2013年現時点でのデフレ脱却政策とは
先進国の中でも例を見ない行いであり、

世界中からも注目されている政策である






消費増税

消費増税の歴史

1988年に消費税法が国会で成立

翌89年4月から税率3%が導入され、
97年4月からは5%に引き上げられた。


2012年6月、民主、自民、公明の3党合意によって、消費増税法案が8月に成立。

今後、2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げられる。

となっている。

現段階では、国内景気に左右されていくべき部分だが、

現日銀総裁の黒田氏
また、IMFなどからの消費増税の催促などから

今後は、きっちりと増税されていくであろうと考えられる。

また、こういった増税の前には
駆け込み消費といった、消費が見込まれるため、

一時的に数字だけをみると増税前の時期に個人消費が良くなるケースが多い


安倍晋三

現、第96代の内閣総理大臣

2012年終わりの、野田内閣の総辞職から、

民主党政権~自民党政権への移り変わった
一人目の内閣総理大臣。


今回の内閣総理大臣は、

2006年の前自民党政権下での
90代内閣総理大臣時代から2回目の就任。

親族関係には、政治家も多い。


政権交代、内閣総理大臣に再就任後から

いわゆる「アベノミクス」といった、成長戦略をいくつも行い、

アベノミクス期待相場という、長きにわたった、
超円高から円安方向への回帰には、一旦の成功をしている。


しかし、成長戦略を行って実績があがっているのか。
に関しては、「期待先行型」ともとれるこの相場には

賛否があると言っても過言ではない。


2013年秋から、再度、経済成長戦略を行うと
2013年 8月12日、11時20分のコメントで発言

大幅な投資減税もその一つにふくまれるであろう。。








GDP値 

GDPとは、【国内総生産】である
一定期間内に生み出された、国内の付加価値の総額のことを言う

ちなみに、簡単にいうとGDPの伸び率が経済成長率に値する

各国のこのGDP値の伸び率などによって、その国の経済の成長、後退などを
見極めることができるといっても過言ではない。

特に、米GDP値は世界的に注目される指標であり、
要チェック


SBI証券さんのご紹介

では、さっそくサイトを見てみましょう

SBI

SBI FXトレード

上はFXトレードです☆
初回入金10万円以上でしっかりリスク管理をしてトレードしてください☆


SBIさん紹介☆

SBIさんでは幅広い商品を扱っています

国内株式では、
現物取引、信用取引、PST取引
証券投資法人まで、、、


また、国内株式だけでなく、
海外の株式も幅広く扱っています。


さらに、投資信託や債券、
FXなどの取引もすることができます。


このサイトのヘッダーにある
「マーケット」では相場を確認することができます。

また、ツール並みのチャートが表示されるので、
分析もしやすいはずです。


SBI証券ではキャンペーンなんかも
たくさんやっていて、
口座開設時キャッシュバックや、
手数料キャッシュバック
なども行っています☆



また、投資のやり方を
基礎から学ぶこともできるページもあるので、
初心者の方は、まずここから読むことをお勧めします


さらに、セミナーもやられているので、
理解を深めたい方は、こういった物に
申し込んでみるのもよいと思います。



投資の基礎を知ることができるので、
初心者の方にもお勧めできます。

また、すでに稼がれている方は、
今実践されている取引以外の取引
参入するのもアリだと思います。


まだ稼がれていない方~すでに稼いでいる方まで
オススメのサイトですので一度確認してみてください。


      
プロフィール

節約・増資アドバイザー室井

Author:節約・増資アドバイザー室井
バイナリ―オプション、FX、株式などの取引を扱った口座のなかでもお勧めの口座を紹介したサイトです。
初心者の方は、口座で悩まれる方も多いと思いますので、参考にしてみてください。

なお、メインで更新しているブログは
節約・増資アドバイザー室井の投資実績ブログ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。